ご挨拶

行政書士事務所メドルチェの代表行政書士、吉田真美です。事務所名は、専門であるMed(医療)+Dolce(柔和に、やさしく)の意味を込めて、「メドルチェ」と名付けました。どうぞよろしくお願いいたします。

簡単な自己紹介をさせてください。

早稲田大学第一文学部(在学中に行政書士資格取得)を卒業後、商社に就職。大学時代は、早稲田大学交響楽団に所属し、オーケストラ三昧の日々を過ごしていました。その後、音楽事務所でのマネージャー職、特許事務、保険の営業を経て医療で働く方々・制度に対して興味を持ったことから、医師専門の人材紹介会社で約8年を過ごしました。

医師の人材紹介業を行っていた間には、年間100名近い先生方とのやり取りを行い、そして実際に医療機関に足を運んで数えきれないほどの事務長様、就業希望の方々等とお目にかかってきました。その中で、先生方が日々人体というミクロの宇宙との戦いに挑まれていること、そして病院内で働く皆さまが、その先生方と共に患者様のために邁進していらっしゃることを目の当たりにしてきました。

医療系国家資格をこれから取る気力・体力・環境はありませんが、医療機関からは第三者である私が、自分自身の経験と交渉力という武器を基に何ができるかと考えた結果、医療業界を専門とする行政書士としての修行を積み、この度独立することにいたしました。

具体的には、医療法人の設立申請移転分院設立役員変更事業報告診療所名変更医療法人分割附帯事業の追加高度医療機器販売業・貸与業許可化粧品製造販売業許可そして医療法人解散まで、医療法人にかかわるすべての手続きを、自信をもって代行させていただきます。また、福祉領域に置きまして、有料老人ホームの設立保育園設立等、一般企業の方が参入なさりたいケースにおいても、しっかりとお手伝いさせていただきます。加えて、日本語学校設立業務に携わっていた経験を活かし、医療機関で今後増えてゆく外国人材の雇用を行われる際のビザ申請代行等も喜んでお引き受けさせていただきます。

少々毛色の異なるところでは、学生時代に博物館学芸員資格を取得し、その後音楽業界において働いていた経験も活かしつつ、文化庁の著作権相談員登録も行っておりますので、著作権(音楽、絵画等)登録に関するご相談も承ります。

現在も、アマチュアオーケストラでクラリネットを吹いたり、ピアノで他の楽器とアンサンブルをしたりしています。音楽を奏でるにあたっての自己主張は大切ですが、それよりなにより、相手を理解しあって共に一つの楽曲に向かう喜びは何物にも代えがたいひと時です。

行政とのやり取りは何かと面倒で手間がかかりますが、こつこつとやり取りを重ね、先生方の思いを汲み取って形にするお手伝いをさせて頂きます。つながりを広げ、先生のお役に立つ「輪」をつなぎつづけますので、どうぞよろしくお願い致します。

【保有資格】

行政書士資格(18081420号)、申請取次行政書士(132018200538)、著作権相談員(文化庁登録資格取得、2019年9月名簿記載)、簿記3級、ファイナンシャル・プランニング技能士3級、医療経営士3級、医療事務(受験資格保有)、博物館学芸員、生命保険・損害保険販売員